無痛吸着義歯(シリコンデンチャー)

今お使いの入れ歯に不自由を感じていませんか? ・・・ 入れ歯をはめると、歯ぐきやあごの骨の形により痛みを感じる場合があります。そんな場合には、無痛吸着義歯(シリコンデンチャー)弾力のあるゴム状の樹脂 を使用した入れ歯をお勧めします。インプラントを併用する事もできます。

entry2_h_pic120120704123007.jpgentry2_h_pic220120704123007.jpg

 

無痛吸着義歯(シリコンデンチャー)は、その様な保険の入れ歯の悩みを大幅に改善することを目的に開発された新しい時代の入れ歯なのです。まず、保険の入 れ歯が痛かったり、合わなかったりする原因は、いくつかあると思うのですが、原因のひとつに考えられることは、素材自体がカタイことだと思います。カタイ 素材は、やわらかいハグキやハグキの下の骨などに対して、決して良い影響を与えません。
その点、無痛吸着義歯(シリコンデンチャー)はハグキにあたる部分には、やわらかい素材のバイオシリコンを使用していますので、当然ながらやわらかいハグ キにピッタリとした感触が得られます。また、無痛吸着義歯(シリコンデンチャー)は、今までの素材で入らなかったハグキの深い所まで覆うことも可能なの で、患者さんのお口にピッタリ合った入れ歯を作ることが出来るのです。

無痛吸着義歯(シリコンデンチャー)の特徴は? ・・・ 新たな発想、高齢社会に適した生体にやさしい総入れ歯

entry2_f_pic120120704123007.jpgentry2_f_pic220120704123007.jpgentry2_f_pic320120704123007.jpg

 

・実績があるシリコンを裏装しているので、生体に優しい。
・数回の精密印象(動的機能咬座印象)を経て製作する。
・裏装がシリコンなので、優しくソフトにフィットし、出し入れや物を噛む時に痛くない。
・下側のアンダーカット(凹み)を使用して製作するので、咬合時だけでなく、安静時、開口時にも義歯が安定している。
・粘膜面の体積移動を動的機能咬座印象材でコントロールし、なおかつ義歯床の内面に軟性床材を使用することで調和をとり、超難症例にも対応することができる。

もっとも優れた印象(型取り)方法である「動的機能咬座印象」を用いて治療義歯を製作し、顎堤粘膜面と顎関節のリハビリを行った後に完成義歯を製作します。
出来上がった完成義歯は、無調整に近い状態で装着できます。


治療をしながら義歯を作る技術
***********************************************************************************************************************************
難症例では、一般の総入れ歯は口の中で浮いている感じです。義歯を安定させることが重要です。義歯を安定させることによって、噛み合わせの基本となる顎関節の治療・リハビリに移る事が出来ます。

顎関節の歪みが大きくて、義歯を長期間そのまま使用された分、治療も長くかかります。
(よりもどし現象を生じさせる治療)

この治療が一番重要で、義歯の製作に必要です。顎関節が二十歳前後の若い頃に戻るか、近づける事ができると姿勢が良くなり噛む力がまして、力強く噛めるようになります。

噛むことは脳に刺激を与え、食べることは体に栄養を送り、たくさんの種類を食べる事によって、ストレスの解消となり元気が出てきます。